耕路日和: 本日OPEN
長年のご愛顧ありがとうございました

お得なランチセット

2006年05月12日

本日OPEN

みなさま、いらっしゃいませ。
いよいよ本日より「耕路日和」OPEN致します!!

「耕路日和」では
新旧様々な耕路情報を紹介させていただければと
思っております。

さっそく第一弾として、
『耕路懐かし写真』大公開!!
そうなのです、耕路がオープンしたのは昭和27年。
昭和27年の日本といえば、

● 国会中継の放送がスタート

● 日本航空「もく星号」伊豆大島に墜落

● NHKラジオ「君の名は」スタート

● 手塚治虫「鉄腕アトム」月刊誌「少年」に連載開始

● 流行歌は「テネシーワルツ」に「りんご追分」

● 大卒初任給が8千円

という時代。
この頃の耕路の様子がコチラ↓

old koro3.jpg

渋すぎます。
ほんのり上海な香りすらしてます(笑)

続いてコチラ↓

old koro4.jpg

髪型に時代を感じます(笑)
耕路の文字の横にある「マニアの店」という
言葉が若干気になる所ですが、
それはさて置き、
改めて当時の写真を見つめていると、
確実に月日は流れ、
時代は刻々と変化しているのだなと、
感慨深くなります(涙ホロリ)
昭和27年当時の池袋の様子は
HPの「HISTORY OF KORO」のコーナーを
是非ご覧になってくださいませ。
ちなみにコーヒー1杯の値段は25円でした。

そして、
池袋にいらした際には
是非、ブラリと耕路に足をお運びください。
当時の気持ちに
タイムスリップ出来るかもしれませんよ。
posted by 耕路STAFF at 17:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 懐かしネタ
この記事へのコメント
学生時代、と言っても、35年も前の話ですが、「耕路」には何回か入ったことがあります。
当時から渋いお店だった記憶があります。やはり、純喫茶が一番です。スタバなど、スタバちゃえ・・・???

当時の写真、イイ味ですね。もっと写真があるんですか?もう少し昔の写真があるようでしたら、当サイトでも公開しませんか?ご検討を。
Posted by 「まぼろしチャンネル」局長 at 2006年05月13日 20:14
「まぼろしチャンネル」局長さま。

第一号のコメントありがとうございます!!
35年前にいらしていたのですね。
その当時から渋かったとは!!
今も昔も渋いのですね、耕路は(笑)

接客をしていると
「学生の頃に良く来ていたのよ〜。」
と声を掛けていただく機会が本当に多く、
改めて沢山の方々の青春の1ページに
耕路は記録されているのだな実感致します。

「まぼろしチャンネル」局長さまも、
池袋にお越しの際には、
是非、耕路にいらして、
青春の1ページを見つけてくださいませね。
心よりお待ちいたしております。

写真、そんなに枚数は無いのですが、
オーナーの私物ですので、
明日、「まぼろしチャンネル」にて公開OKか、
確認をとってみます!!

そうそう、
このコメント見られている皆様、
「まぼろしチャンネル」是非ご覧ください。
懐かしい「昭和」がビッチリ詰まったとても素敵なサイトです。
特に「まぼろし放送」は必聴ですよ〜。
素敵な曲のオンパレード。
曲にドンピシャ世代の方々は涙無しには聴けないハズです(笑)

「まぼろしチャンネル」

http://www.maboroshi-ch.com/



Posted by 耕路STAFF at 2006年05月13日 23:38
まぼろしチャンネルからワープしてきました。
HP開設おめでとうございます(^。^)

池袋、懐かしいです。地元はもう少し下町ですが、社会人になってから長い事住んでました。学生の頃、バイトと言えば、喫茶店でした。
初めてトレンチを持った時の事をよく覚えてます笑

何度か入った事あります。よく覚えてます。
写真、いいですね。古くて(^。^)
池袋に行ったら寄りますね。今度は意識して。
昔はなんとなく入ったので・・。

スタッフのみなさん、お仕事頑張って下さい♪
Posted by ゆきえ at 2006年05月15日 04:00
ゆきえさま。

コメントありがとうございます!!
「まぼろしチャンネル」経由で
このブログに辿りついている方が
沢山いらっしゃるようで本当に嬉しいです!!

そうなのです、
バイトの王道といえば、やはり喫茶店(笑!!)
トレンチを始めて持った日の夜は
手首が痛くなって、
お風呂でマッサージしたものです(懐かし〜)

池袋にはまだまだ沢山の純喫茶が
現存しておりまして、
それぞれが時代に合わせてさりげなく進化していたりして、
とても興味深いですよ〜。
喫茶店の持つゆったりとした空気感は、
働いている側からしても、心地よかったりします(笑)

是非是非、池袋にお越しの際は、
ご来店くださいませ!
ゆったりとした時間をお過ごしください。
しばしの昭和浪漫へ。

心よりお待ちいたしております。




Posted by 耕路STAFF at 2006年05月15日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/676639

この記事へのトラックバック